ホルモンバランス整えるサプリ!口コミが良くおすすめは?

ホルモンバランス整えるサプリ!口コミが良くおすすめは?

女性はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスに支えられています。ところが、ストレスや生活習慣など些細なことで、このバランスは崩れてしまうのです。その結果、生理不順、PMS(月経前症候群)、自律神経失調症、不妊、更年期障害などに。

 

ホルモンバランスを整えるには、睡眠、ストレス解消、バランスよい食事など、生活や食の改善が必須。さらに、マカや田七人参、チェストツリーといった成分でサポートすると効果的!当サイトでは、ホルモンバランスを整えるサプリの口コミを調査!おすすめ順に紹介しています。

 

マカプラセンタの特徴

マカプラセンタは、ホルモンバランスだけでなくハリツヤにもよいサプリとの口コミが。健康の王様マカ、美容の王様プラセンタを配合。マカは、ホルモンバランスを整えたり冷えを改善する鉄分や必須アミノ酸など女性に嬉しい成分がいっぱい。プラセンタは美肌のほか、新陳代謝UPで生理不順解消の効果も。1日めやす2粒。肌も調子もよい、手頃な価格が嬉しい、との声が。バランスを整えながら、キレイも手に入れられるサプリです。

価格 500円
評価 評価5
備考 健康の王様マカ、美容の王様プラセンタを配合

 

白井田七の特徴

白井田七は、田七人参のちからを実感できるとの口コミが。有機栽培の田七人参を使用した、和漢系サプリです。田七人参は中国で2000年前より役立てられてきた自然素材。サポニンやフラボノイドなどの成分を含有し、身体の巡りに効果を発揮。イキイキした毎日にかかせない成分がたっぷり。年齢とともに感じる、イライラや気分の落ち込みといった不定愁訴を改善してくれます。冷えが改善、気持ちが上向きになったと、満足度94%。1日めやす4粒。年齢によるバランスの乱れを整えるサプリです。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 サポニン、フラボノイド

 

女性のミカタの特徴

女性のミカタは、気になるイライラを解消してくれるサプリとの口コミあり。ホルモンバランスの乱れから起こるPMSの解消を考えたサプリです。月経不順など、身体に現れる悩みに対応した、チェストツリー配合の「すこやか編」。イライラなど、心の悩みに対応した、月見草油配合の「やすらぎ編」。2種類のサプリで悩みを解消。イライラが減った、つらさが軽減した、精神的に楽にとの声が。1日2種各2粒。毎月の不調を解消してくれるサプリです。

価格 980円
評価 評価3
備考 チェストツリー、月見草油配合

 

ホルモンバランスが乱れたときの糖分に注意

 

更年期くらいになると、子育てや親の介護など、いろんな問題を抱えるようになります。仕事を持っている人であれば、職場でもそれなりの仕事を任せられるような年代になって、始終ストレスに追われる生活となっていることも少なくありません。こうしたストレスからホルモンバランスは乱れやすく、それが精神面や健康面に大きな悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

 

更年期になったり、ストレスが強くなってくると甘いものが欲しくなってくるのですが、これはストレスや更年期の影響で血糖値が下がってしまっていることが考えられます。もちろん、よく知られているように血糖値が高いのは良くありません。一方で、下がりすぎても良くありません。しかし、高低の幅が大きくなってしまうのも良くなく、それによって血管や心臓に負荷がかかってしまい、いろんな病気を誘発しかねません。

 

生きていく上でストレスは避けられないものですが、だからと言ってそのたびに甘いものに頼ってしまうのは考え物です。糖分は報酬系と言ってクセになりやすく、クセがつく前に自制するようにすることが大切です。全く甘いものを食べないことがいいことではありませんが、適量を心がけて量を控えたり、和菓子など糖質の少ないものにしてみるなど、少しの努力が大切です。更年期だから、ストレスが多いからと言って甘いものを食べ続けると、それによって別の症状を生じてしまったり、また更年期やPMSの症状を悪化させる危険性もあるのです。

 

アロマでホルモンバランス改善

 

生理痛は男性は経験することができない女性だけのものですが、正直に言ってあまり嬉しいものではありませんよね。毎月生理の時期が近づくと、ホルモンのバランスが変わってきて心身にいろんな影響が出るので、考えるだけでも憂鬱だという人も少なくありません。生理に伴う悩み深くて広く、様々な解決方法が昔から研究されています。

 

 

効果があると見られている方法のひとつがアロマテラピーで、アロマの香りによってこの生理痛の原因であるホルモンバランスの乱れを調整することができると考えられています。ホルモンバランスの調整に効果的と言われているハーブはいろいろなものがありますが、アロマで使われることが多いものにはイラン・イランがあります。しかし、イラン・イランは人を選ぶ香りですから、苦手な人も多いです。

 

こういった場合には、ローズが良いでしょう。ローズの香りは女性ホルモンの分泌を増やす働きがあると言われています。そして、お茶で使用されることも多いカモミールは、鎮痛作用やリラックス効果があるため、心身のストレスを大きく減らしてくれることでしょう。アロマでもハーブティーでもこれらは使えるので便利です。

 

また、実はジンジャー(生姜)にも、生理痛を和らげる効果があり、ハイビスカスも疲労回復や造血作用があって効果的なのだそうです。マリーゴールドは、生理痛のみならず、生理の調整や月経前症候群、更年期障害に効果がある、女性ホルモンと関わりの深いアロマです。医療機関を受診するほどではないが、ホルモンバランスが気になるという場合には、こうしたアロマを利用するのもいいでしょう。趣味のひとつとして行いながら健康になれるアロマは、健康と美容を気にする人たちに大人気です。

 

ホルモンバランスとタバコの関係

 

私たちの身体は、ホルモンの働きのおかげで正常に働くことができていますが、逆にこのホルモンのバランスが崩れると、色々な不調に見舞われるようになります。ホルモンバランスを乱す原因に生活習慣があると言われていますが、偏食・睡眠不足・冷え、服装や環境など様々なものが言われていますガ、喫煙の影響も見逃せません。

 

美容や健康に悪影響があることは昔から言われていますが、まだまだストレス解消のためにタバコは欠かせないという人も残っています。もちろん、吸う・吸わないは個人が決めることですが、女性ホルモンのバランスをしっかりと整えたい場合には、いいことが無いと言い切っていいと思います。

 

特に、タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、それによって決行が悪くなるのですが、これは非常に女性の問題を悪化させます。たとえば、頭痛は脳への酸素供給が不足するときによく起こりますが、脳へ酸素を送っているのは血液です。女性は冷えに悩んでいる人も多いですが、冷えの原因は血行が滞っていることによって暖かい血液がしっかりと体の中心から末端に届いていないことにあります。

 

他にも血行が悪くなると卵巣の働きが低下することもわかっており、ホルモンの分泌に対しても悪影響があります。いろんな有害物質が体内をめぐるようになると、それが少なからず自律神経に悪影響をもたらしています。微細な影響だとしても、女性の体はその影響をしっかり受けるほど敏感ですから、自覚症状の有無はあまり関係ないのです。百害あって一利なしですから、ぜひ禁煙することをオススメします。

 

ホルモンバランスに漢方薬を

 

女性特有の体調不良を引き起こす原因として、女性ホルモンの乱れが挙げられますが、なかなか根本的な治療が難しいとされています。病院などではホルモン治療でピルなどが処方されていますが、それだけで完全に直すのは難しいと言われています。あくまで不足しているものを補うことはできても、不足している原因を解決はしてくれないからです。

 

一方、漢方は体質を改善して人間の本来もっている自己治癒力を引き出すことを目的にしています。自分で自分のベストの状態に整えることができるよう、体の中の機能を活発にしていくことが漢方の目指すところです。女性ホルモンのバランスが乱れたさいには、当帰 (トウキク)、芍薬 (シャクヤク)、地黄(ジオウ)などがよく使われています。これらは特に良いとされる漢方・生薬で、いろんな漢方薬に配合されています。

 

これらの主な効能には、痛みやストレスの緩和作用や、滋養強壮、血行や体の水分の巡りを良くすることによる、老廃物の排出効果、むくみ予防、冷えの防止などがあり、これによって女性特有の悩みに対しても効果が出てきます。

 

即効性のある漢方はごく一部で、基本的には3か月程度は続けないと効果を実感するのが難しいと言われていますから、あまり即効性を気にしてしまってはいけません。漢方の多くは、根本的な体質改善をサポートする役割を持っています。人間の細胞が生まれ変わるのには3〜6ヶ月程度は必要といわれていますから、新しいいい状態の細胞を考えるならばそれだけの期間がかかるのは当然ということもできます。

 

漢方薬の効き方は個人差も大きいので、人によっては全然効果が無かったり、一方で効果がすぐに出る人もいます。副作用のような症状が出ることもありますが、良い反応であることもあるので、自己判断で判断せず、医師など専門家に確認することが大切です。

 

バストアップと女性ホルモン

 

女性ホルモンは女性らしい体を作るためには欠かせないホルモンとして、バストアップを目指す女性たちにも大事なホルモンです。乳腺の発達を促し、胸の脂肪組織を増やしてくれる効果があります。もちろん、旨だけではなく、お尻や腰周りなど、女性らしい体のラインを作る上でも女性ホルモンは必須で、女性ホルモンがあるからこそ筋力トレーニングをしても女性らしいラインが作られるのであり、なければ男性のようにゴツゴツした筋肉のつき方をしてしまいます。

 

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類に分かれますが、これらの分泌によって生理がコントロールされています。この2つのホルモンのバランスが崩れると、それによって自律神経や血糖、脂質代謝などに影響が生じ、女性ホルモンとして正常に働くことができなくなってしまうのです。そのため、バストアップにも悪影響が生じてしまいます。

 

せっかく努力してバストアップをするのですから、しっかり成功させたいもの。そのためにはやはり、ホルモンバランスの調整は必須要素と言えるでしょう。ホルモンバランスの維持・調整のためには、規則正しい生活をすることが大切で、また大豆から摂取できるイソフラボンと呼ばれる成分を摂取すると良いそうです。大豆には筋肉を作る材料になるタンパク質をはじめとして豊富な栄養分があるので、バストアップを考えても非常にいい食材です。ぜひ、豆腐や納豆をたくさん食べながら、理想のバスト作りを目指しましょう。サプリメントも多く出ているようですから、それらを利用してみてもいいですね。